[サイトマップ]

HOME 製品紹介ビル空調等冷熱媒 > オーロラブラインP
●オーロラブライン®P (プロピレングリコール系)

■□  オーロラブラインPならではの特徴  □■

1.金属に対する優れた
防食性
2.幅広い使用温度 3.幅広い利用範囲

オーロラブラインPは、プロピレングリコール系のブライン液です。
また、各種金属類に対しても耐食性が良好な防錆・防食剤を充分添加しておりますので、様々な用途に使用することができます。

オーロラブラインPは、−40℃から+90℃までの幅広い温度範囲において、その特性を充分に活かすことができます。
従って各種冷却設備などの冷媒として使用できるほか、熱媒としてもその機能を充分発揮することができます。

オーロラブラインPは、 全て食品添加物公定書に記載されている添加物で配合していますので、毒性が極めて低く、食品関連の間接冷熱媒液としても使用することができますので、用途が拡大します。


■□  使用温度範囲は  □■

−40℃から+90℃までの広い温度範囲で、各種間接熱交換器による熱媒、または間接冷媒として使用することができます。
その際の防錆・防食性能については、下記の金属腐食試験結果をご覧ください。

【低温における金属腐食試験結果】
  温度条件 試験片の外観
0℃ −10℃






(mg
/
cm2)
亜鉛メッキ板 +0.01 −0.00 異状なし
アルミニウム
鋳 物
+0.04 +0.02
鋳  鉄 +0.03 +0.01
+0.00 +0.01
黄  銅 −0.01 −0.00
ハンダ −0.02 −0.01
−0.01 +0.01

(オーロラブラインP 50wt%水溶液中に14日間浸漬)

【高温における金属腐食試験結果】
  温度条件 試験片の外観
88℃






(mg
/
cm2)
亜鉛メッキ板 +0.02 異状なし
アルミニウム
鋳 物
−0.07
鋳  鉄 −0.03
−0.01
黄  銅 −0.03
ハンダ −0.02
−0.01

(オーロラブラインP 50wt%水溶液中に
14日間浸漬)
(乾燥空気吹込量 100ml/min)

[このページのトップへ]

■□  安全性は  □■

オーロラブラインPは全て食品添加物公定書に記載されている添加物で配合されておりますので、塩化カルシウム、およびエチレングリコール系のブライン液より毒性が極めて低くなっております。
万一誤って飲み込んだ場合の急性毒性については、次の試験結果を参照してください。

【 急性毒性試験結果 】
  経口−ラット 経口−マウス
塩化
カルシウム LD50
4,000mg/kg  
エチレン
グリコール LD50
4,700mg/kg 5,500mg/kg
プロピレン
グリコール LD
50
20,000mg/kg 24,000mg/kg

(出典:Registry of Toxic Effects of Chen. Substances)
※ 詳しくは こちら を参照してください。

【 品質規格 】
試 験 項 目 製品規格
外  観 淡いピンク色
沸点(℃) 100以上
密度 20℃
(g/cm3
1,040以上
pH値(30%) 7.5 〜 9.5
予備アルカリ度 8以上
グリコール および
防錆剤(wt%)
60以上
水分(wt%) 40以下

● オーロラブラインPは 『 非危険物 』 の取扱いとなります。

[このページのトップへ]

■□  利用範囲は  □■

低温から高温まで広い温度範囲において、優れた防食性能を有していますので、熱媒としてはもちろん、冷媒としても充分使用することができます。 主な用途は下記の通りです。

  • 乳製品、ビールおよび炭酸飲料、冷製菓、冷凍食品製造等の間接冷媒
  • 冷凍倉庫、製氷用の間接冷媒
  • 冷凍設備の霜取り用
  • ソーラーシステム、および床暖房システム用熱媒 兼 不凍剤
  • その他、各種の熱媒、冷媒として使用可能
【 出荷荷姿 】
石油缶 18kg
ドラム缶 210kg
ローリー 10ton

[このページのトップへ]

■□  オーロラブラインPの物性データ  □■

【 オーロラブラインPの凍結温度 】

濃度
(wt%)
10 20 30 40 50 60 70 80
凍結温度
(℃)
−1.8 −4.1 −7.0 −10.8 −15.9 −22.2 −30.0 −39.7

[このページのトップへ]

【 オーロラブラインPの粘度 】

[このページのトップへ]

【 オーロラブラインPの密度 】

[このページのトップへ]

Copyright (C) Tokyo Fine Chemical CO.,LTD. All Rights Reserved.