[サイトマップ]

HOME 製品紹介 > 特殊コンパウンド

『粉末・プラスチック加工紹介』

当社は1954年、塩化ビニル用安定剤の製造販売を目的として設立され、塩化ビニル製品の高品質化、多機能製品化を可能にした安定剤 『エンビライザー』 を開発し、多種多様なニーズに豊富な知識と専門的技術でお客様の要望にお応えしています。

塩化ビニルの研究開発で習得した技術を応用し、オレフィン樹脂にも加工性改良剤を研究・開発を積み重ね、その成果として高付加価値を持つ 『ファインコンパウンド』 に集結し、ペレットやマスターバッチとして製品化を行っています。

今回は当社が得意とするプラスチック加工の一例をご紹介いたします。当社の加工技術が必要の際には、是非、東京ファインケミカルにご相談下さい。


■□  加工紹介  □■

マスターバッチ加工

高機能を有する添加剤を高濃度ペレット(マスターバッチ)に加工します。

マスターバッチを必要とする例1としては、成型品に樹脂以外の添加物が多く含有する場合は、添加剤を樹脂に均一分散させる際に時間を要します。
また、加工時に添加剤が飛散し、労働条件を悪化させてしまう場合があります。このようなケースは、当社装置にて添加剤をマスターバッチ化することで、分散時間の短縮化、飛散防止が可能となります。

例2としては加工時に不具合が発生した場合には、不具合の原因である添加剤をマスターバッチ化することで改善が可能となります。
また、当社の加工性改良用マスターバッチを添加することでの改善も可能であります。

その他の加工実績としては、耐熱向上添加剤、滑性向上添加剤、抗菌剤、充填剤、発泡剤を高濃度で含有したマスターバッチ化が可能であります。
 

ペレット加工

塩化ビニル樹脂、PE樹脂、PP樹脂、EVA樹脂などの幅広い熱可塑性樹脂のペレットが可能であります。
 

造粒加工

ミキサーにて造粒する加工です。

加温しながら高速回転させることで、樹脂が溶融し、添加剤と造粒させます。造粒品は押出し加工やカレンダー加工が可能です。また、造粒品を粉砕・分級することで、更に幅広い成形加工が可能となります。
 

粉末混合

当社では、各種ミキサーを保有していますので、混合の際に発生する摩擦熱を抑えて混合する加工や、反対に摩擦熱を必要とする混合も可能です。
 

粉  砕

当社では、各種粉砕機を保有しております。また、粉砕後の分級も可能となります。
 

[このページのトップへ]

Copyright (C) Tokyo Fine Chemical CO.,LTD. All Rights Reserved.